何となく、さすらい気分

アクセスカウンタ

zoom RSS 【久留里線】ディーゼルカーに乗って久留里城へ(前編)

<<   作成日時 : 2015/03/02 06:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

節約のためここ1年以上も旅に出かけていなかったのですが、我慢できなくなりお得な切符である「休日おでかけパス」を使って久留里線まで行ってきました。

久留里線は久留里駅からの本数が極端に少なくて、終点の上総亀山は民家が数軒あるだけで何もない所なので久留里駅と木更津駅の周辺を散策して帰るというだけの旅です。

画像

内房線で木更津駅に到着すると既に久留里行きの列車がホームで発車を待っていました。5年前くらいに来た時は2両編成だったのに単行だったのでがっかりです。ツーマンだったのがワンマン運転になっているし、やはり経費削減のためなのでしょうか。

画像

この気動車は2年くらい前から運行している新しい車両です。しかしながら、古いディーゼルカーにも負けないくらい良いエンジン音がします。久留里線は線路の繋ぎ目の音もしっかりと聞こえるので走行音が楽しめるのです。デザインもなかなかいい感じですよね。

画像

久留里駅到着。乗降客は少なくて駅前は閑散としています。

画像

ここから唯一の?観光地である久留里城まで歩いて行くことにしました。

画像

駅前ロータリーからまっすぐ歩いて突き当りを右に曲がって久留里街道を歩いていくのですが、歩道がないので車には注意が必要です。

画像

城下町っぽく古い建物も残っていて味があります。

画像

案内看板を見落として1回通り過ぎてしまいましたが、ここの道に入ると久留里城の入り口まであと一息です。

画像

上り坂の途中の短いトンネルを抜けると駐車場があり、そこからさらに上り坂が続きます。

画像

久々に長い上り坂を歩いたのでちょっと苦しくなりましたが、しばらく歩くと天守閣が見えてきました。

画像

ついに到着!久留里駅からここまで写真を撮りながらゆっくりと歩いて40分ほど。

画像

久留里城は廃藩置県によって壊された後、昭和の末期に再建されたそうですが、鉄筋コンクリート造りでタイル張りの床、鉄の手すりがついた階段、蛍光灯、コンセントなど現代的な構造があからさまなので興ざめです。

画像

でも、久留里城は極めて静かな環境なので落ち着きます。

画像

久留里の地に3年ほど住んでいたことがあるという新井白石の像もありました。

これから再び久留里駅の方に向かいます。(後編に続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

にほんブログ村 為替ブログ FX フリーター投資家へ
にほんブログ村
【久留里線】ディーゼルカーに乗って久留里城へ(前編) 何となく、さすらい気分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる